後になって後悔しないための香典対応

はじめて葬儀を執り行う方が気になるのは、葬儀の段取りに関することだと思います。
ですが、最近の葬儀場は段取りもきちんと行ってくれるところが多く、
段取りに関しては喪主が心配する必要はそこまでありません。

 

しかし、問題となるのは香典の扱い方です。

 

香典に関しては、トラブルにならないために、葬儀場の人は基本的に関与しません。
そのため、香典からお金を取り出してその金額を合計し、
最終的な金額を出すことは全て葬儀を執り行う側が行わなければいけません。

 

ここで大事なのが、香典の金額を計算して精算する役割は1人だけにした方がいいということです。
受付が香典を扱うと、記帳や応対などが忙しくなった場合、香典に注意が払えなくなってしまいます。

 

また、香典を扱う人数が多すぎると、
例えば香典袋の額面と実際に入っていた金額が違うなどのような、イレギュラーなことを把握しきれなくなります。

 

いずれも香典の計算が合わない、精算が出来ないといったトラブルへと繋がるものですので、
避けるべき事態であることは言うまでもありません。

 

ですから、受付と香典を扱う人を完全に分けた上で、香典を扱う人は1人が責任を持って行う。
この方法が香典を扱う場合の、もっともベストな方法と言えるでしょう。